当院の医療機器のご案内です

CT検査

Computed Tomography(コンピュータ断層撮影)装置を使った検査で、体を透過したエックス線をコンピュータ解析し、連続した断層画像を撮影できる検査です。現在ではマルチスライスCT装置が登場し、一回のスキャンで複数の断層画像を得ることが出来、被ばく線量と検査時間が短縮できるようになりました。当院にも日立製作所ECLOS 16列のマルチスライスCT装置が設置されております。

MRI検査

Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)装置を使った検査で、強力な磁場と電波を使って体からの信号を検出し画像にする検査です。撮影時に電波を発生するため大きい音がします。体からの弱い信号を何回も検出しコンピュータで解析し画像にするため検査時間がかかります。当院には日立製作所LUCENT-J 0.4Tのオープン型の装置を設置しております。通常のトンネル型装置に比べ圧迫感が少なく、音も静かです。