後期研修医募集中!
精神保健指定医 合格率100%
常勤精神科医17名(うち精神保健指定医13名)

(平成28年6月1日現在)

医師卒後研修のご案内

後期研修(卒後3~5年目)

 当院は2010年には岐阜県内で初めての精神科救急入院料病棟、2011年には認知症疾患医療センターを開設しています。
また精神科救急輪番病院や応急指定病院であるため、数多くの症例を経験できます。ハード面では電子カルテやCT、MRIなどの検査体制を導入し、 2006年に完成した本館を中心として質の高い療養環境が整備されており、またソフト面では精神科医を中心に看護師(各種認定看護師を含む)、PSW、臨床心理士などの優秀なコメディカルとのチーム医療体制が整っています。

 精神科の治療の中心が入院治療から社会復帰支援へシフトしていきつつある現在、当院では、デイケアや訪問看護に加えて、関連施設である社会福祉法人舟伏が、地域活動支援センター、就労移行支援、生活訓練、短期入所事業などを行っており、 急性期治療だけでなく、社会復帰まで幅広く包括的なケアを提供しています。

 当院では岐阜大学医学部、名古屋市立大学医学部の卒前臨床実習や、岐阜大学医学部付属病院、岐阜県総合医療センター、村上記念病院、長良医療センター、河村病院の卒後臨床研修施設となっており、精神科後期研修はさらに積極的に受け入れます。

 2006年度から当院では後期研修医の受け入れを行っていますが当院にて後期研修を行った医師の精神保健指定医の合格率は100%です(2016年4月1日現在)。

 当院の常勤精神科医17名のうち13名が精神保健指定医、日本精神神経学会指定専門医であり、精神神経学会の指定研修機関にも指定されています。 精神保健指定医取得に必要なレポート作成や、精神科専門医取得のための指導も行っており、卒後5年でいずれの資格取得も可能です。

 後期研修医は常勤医師として採用し、出産、育児、介護などの事情により研修を一時中断していた医師の受け入れも積極的に行っています。院内保育所も併設されているため、育児と仕事の両立も十分可能です。 相談に応じて当直の免除、業務量の軽減も考慮されており、学会や研修会の参加も可能です(当院規定あり)。

 医局は出身大学に関係なく、自由でとても良い雰囲気で相談しやすい環境が整っています。精神科医師を志す医師の皆さん,当院での後期研修をお考えになりませんか。
 是非一度ご相談ください。

前期研修(卒後2年間)

当院は、岐阜大学医学部附属病院、岐阜県総合医療センター、村上記念病院、長良医療センター、河村病院の協力型研修病院に指定されています。
当院では精神科臨床研修指導医および精神保健指定医の資格を持つ精神科常勤医師が12名おり,下記のプログラムにて充実したきめ細やかな指導体制をとっています。

4週間の研修プログラム
1週目午前 オリエンテーション 精神科作業療法 認知症(1) 精神症状のとらえ方(1) 精神療法病棟診察
午後 統合失調症(1)
病棟診察
症例検討
向精神薬の作用と副作用(1)
病棟診察
病棟診察
保護室回診
訪問看護 児童思春期
保護室回診
2週目午前 精神科に関連した法律の基礎知識 精神症状のとらえ方(2) 不安・不眠・抑うつを主訴とした疾患と治療 合併症診察 外来
午後 てんかん(脳波の見方の基礎)
症例検討
精神障害者福祉について
保護室回診
デイケア実習 向精神薬の作用と副作用(2)
保護室回診
症例検討会
3週目午前 外来 症例検討会 ストレス障害 認知症(2) 統合失調症(3)
午後 気分障害(1)
保護室回診
症例検討
統合失調症(2)
病棟診察
地域生活支援センターと援護寮 訪問看護 中間討論
4週目午前 精神障害者の社会復帰 パーソナリティ障害 気分障害(2) 外来 レポートのまとめ
午後 心理検査
保護室回診
症例検討
症例検討会 デイケア実習 リエゾン精神医学 総合討論

連絡先

電話 058-245-8171 担当 副院長 安楽 又は 教育研修部長 淡路 まで